すばるの世界一周

アドベンちゃぁ~♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Mackay 4月22日

6時過ぎに目が覚めた。
今朝はベッドで寝れたので結構いい感じだ。
Townsvilleは海の街で、海岸とそれに沿って公園が1km位長く伸びている。
近くにはHollywoodの岩みたいな山があり、いい天気だし登ることにした。
産まれた町の岩舟山みたいだ。
名前はCastelHill、高さは2、300mってとこかな。

1時間ちょっとで山頂に到着した。
朝もまだ早いというのに散歩の人、トレーニングの人、家族で(は車で)結構訪れていた。
目の前は海が広がっていて、数キロ先には大きな島がある。
海岸も空港も見える。
反対側は周囲10km位先に山々が広がっていて、その間は幹線道路と家々が建っていた、結構大きな都市だ。
昨日買ったオレンジジュースを味わって山を降りた。

宿の近くのメインストリートでは週末市場が広がっていた。
宿でチェックアウトを済ませ、スーパーで朝ご飯を買う。
オーストラリアのスーパーは9時に開く。
週末は5時に閉まったりもするが、大抵の野菜果物は量り売りなのが嬉しい。
バナナ、リンゴ、トマトを一つずつ、葡萄を7粒、これで$2.45!
下手に買うより安いことに気がついた。

さて、今日もリフトの旅が始まった。
今日の目的地はMackay()、間にAyrという町(約75km)がある。
幹線道路迄歩いてヒッチハイクをする。
時間は11時を過ぎているけれど、この国はリフトしやすい国だ。
30分位でTOYOTAの軽トラに乗ったマークというお兄さんが拾ってくれ、幹線道路が交わるところまで乗せてくれた。

次も30分たたないうちにおばちゃん姉妹が停まってくれた。
Ayrの公園まで乗せてくれた。
時間はAM2時近くなっていた。
Mackay迄にもう一つ街があるが駄目元で200km先のMackayでヒッチハイクしてみる。

30分くらいで1台のバンタイプのキャンピングカーが停まってくれた。
乗せてくれたフランス人のアントニーとロマンはSydneyで車を買って4ヶ月くらいオーストラリアを旅してた。
同じように東側を南下していて、来週末にSydneyで車を売るようだ。
どうにか誕生日には友達がいるBrisbene迄行けそうなので、Brisbene迄彼等と共にすることにした。

今日はホワイトヘブンビーチ近くのAirlineまで行くという。
道中では日本の地震を心配していてくれて、感謝とまだ時間が必要なことを僕が伝えられる範囲で伝えた。
途中同じAirline行きのフランス人女性2人組のヒッチハイカーを拾い、夕方Airlineに到着した。

ホワイトヘブンビーチへのツアーは$150位して二人は行くのを断念した。
ここは世界遺産の近くだが幹線道路から離れているし、彼等がSydney迄行くのは確実だから彼等と過ごすことにした。

海岸沿いの広場で満天の星空を見ながらディナーをしてると隣の車の人が戻ってきた。
Sydney近く出身の旅人と、友達のGermanだ。
彼は世界中を旅したけれど、オーストラリアが一番いいと言っていた。
公園にも国旗が上がっているし、自分の国を好きだと言って、且つ旅行者を受け入れる広い心がとても素敵だ!!

そんな彼はpoyという遊びをやっていて、僕も挑戦してみた。カラフルに光るボールに50cm位の紐がついていて、それを両手で持って回す遊びだ。
棒の両端に火をつけて回すファイヤーダンスを想像してもらえばわかりやすい。
コツを掴めば左右で回すのは何とか出来るが、それ以外のトリックは練習が必要だ。

時間は一杯あるので釣りもやった。
ライズしていたがルアーで釣れなかったので、彼が投網で小魚を取りエサ釣りにした。
40cm位の、タイに似ているけど鋭い歯を持ったエンペラーという魚が釣れた。
日が変わる前に切り上げ、ここでは寝れないようなので先を目指して走り出した。

今日はとても素晴らしい一日だった。

気がつくと濃い霧の中をひたすら真っ直ぐ走っていた。
10m以上先が見えないのは箱根峠をバイクで走った時以来だ。
少し怖かったが不思議な感覚のまま寝入ってしまった。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/26(木) 13:42:17|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Townsville 4月21日

AM02:30、雨が大きな葉を打つ音が聞こえたのと同時に顔に水をかけられるようにして飛び起きた。
公園のベンチで寝ていた僕は、急いで荷物を移動した。

ケアンズは熱帯性の気候のため突然の雨が降る。
しかし僕を起こしたのは雨ではなく、芝生のためのスプリンクラーだった。

見廻りのお巡りさんに目を付けられながらも一晩を明かす。
昨日は格安の宿が一杯だったので公園で過ごした。
海沿いの公園にはプールもシャワー室もある。
オーストラリアはBBQが生活に根付いているため、人が集まる大きな公園に自由に使える鉄板がある。
昨夜、使用時間を過ぎて焼けなかったソーセー ジを朝一で焼いてパンと一緒に食べた。

準備をしてCairnsを出る。
目的地はBrisbene!
方法はリフト(ヒッチハイク)!!

初めてのヒッチハイク!
とりあえず次の主要な都市Townsvilleと書き幹線道路で構えていると、1時間経たないくらいで一人のミセスが停まってくれた。
途中の交差点迄送ってくれるという。

彼女の名前はカトゥーンさん。
ピアノの先生をしていて日本人も教えているという。
途中の交差点と言っても50km位、何とBrisbeneまで2000km位、Townsvilleでさえ400km位ある。
確かに1ヶ月でオーストラリア半周計画は無謀だった。

ピラミッドみたいな山が近くに見える交差点で降ろしてもらった。
構えて30分してもつかまらないので近くのマックで休憩し、目的地を隣街(50km位)に変えた。
程なく1台の車が停まってくれた。
乗せてくれたポールさん夫妻は30年前にバックパッカーをしていたことがあり、大学生の息子に会いに先のTownsvilleまで行くという、有難い!!

途中休憩も含めて4時間半、夕方
にTownsvilleに着いた。
海岸沿いの公園は賑わっていて、過ごしやすそうな街♪
今日はここで一泊することにした。
自分の誕生日までにBrisbene迄行けたらいいな!
それではまた明日♪
  1. 2012/04/26(木) 13:26:07|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

Cairns2 4月19、20日

19(木)
AM6:45、早朝からタリー川へラフティングに行く。
ラフティング出発地点まで結構な距離をバスに乗る。
ラフティングは日本人4人と台湾人の女の子2人チームになった。
ガイドのメザさんは京都出身の奥さんがいて日本語が通じる。

ラフティングは落ちるというか泳げる前提らしい。
急な流れを越えたり緩やかな所では泳いだり楽しかったし気持ちよかった。
昼食はハンバーガー。
野生の七面鳥がたくさんいて、これこそワイルドターキー!

台湾人2人とちょっと距離があったが、知っている中国語を話してみると仲良くなれた。
他の台湾人も含め、東北大震災のお礼を伝えると、困った時はお互い様ですと言われ胸が熱くなった。

街に戻って夕飯を食べブラブラしてるとマッキーと遭遇!
どうやらメールを送ってくれていたのだが、僕がインターネットに繋いでないからみれなかった(笑)
明朝からウルルに行ってオーストラリアを離れるらしいので、二人の旅の無事を祈って最後の乾杯をした。

20(金)
チェックアウトを済ませ、昨日メザさんから聞いてたローカルバスで少し近くの街Kurandaまで行く。($6、45分)
お昼前に着いて街を散策。
雨が降りそうなのでスーパーで果物を買い雨宿り。
熱帯雨林の雨は止むのが比較的早い。

観光用の列車を見に行くが、丁度出発する所でいい写真が撮れなかった。
ホームが可愛らしいので写真を撮っていると財布がないことに気が付く!
真っ青になりスーパーまでの道のりを捜すが見当たらず。
店員さんに伝え取り敢えず交番に行こうとすると、街の人が財布なくした?と聞いてくる。
正しく無くしたと伝えるとどうやら拾ってくれた人がいたようだ。
交番に受け取りに行く途中で、拾ってくれた親子にも会うことができ、お巡りさんも我が事のように思ってくれた。
もう少しで、出発後数日で強制送還になるところだったが何とか助かった!

それから川沿いや山路を探検し、帰る手段を探してみたが見当たらなかった。
隣町まで歩こうとしたが道を聞いた人が車をピックアップしてくれ、近くに住むトレーシーさんにCairns迄送って頂いた。
どうやら隣町にはバックパッカーの宿はないようで結果良かった。

ヒッチハイクする事を伝えるとオススメの宿を教えてくれたが僕には高い!
今迄いた宿をあたるが予約で一杯なので無理らしい。
仕方ない、公園にはプールもBBQ台もあるから公園で過ごすこととしよう。
さて、明日はどうなることやら!
  1. 2012/04/26(木) 13:18:59|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Cairns1 4月17、18日

17(火)
世界一周始めの町はケアンズ。
空港から一歩外に出ると、湿度のある暖かい熱帯性の気候が日本を離れたことを実感させる。
何かで聞いたことのある熱帯雨林の鳥の鳴き声と、朝焼けの綺麗な空が僕を温かく歓迎してくれた。

街まで近そうだなー。
とりあえず一服し始めた時に、バックパッカーの女の子が通りかかり声をかけられた。
彼女の名前はマッキー、なんと彼女も世界一周をスタートしたという!

街までの方向を聞き、朝のまだ心地よい時間に市内まで8キロ歩いた。
空港の周りは2、3mの正しく熱帯雨林にありそうな木が生えていた。
ここには杉花粉はもうない。

マッキーは宿を予約していたので僕も便乗する事にした。
宿の名前はGlobal Backpackers。
ケアンズのゲストハウスの中では底値だ。
まだ朝も早かったのでカフェに。
やっとインターネットを繋げて一安心。

この日はツアーの予約だけ決めてブラブラしまくった。
夜は宿で貰ったBARの割引券を使いグリーンカレー、マッキーはフィッシュ&チップス。
セットで付いてくる小生で乾杯!
パサパサの茉莉花米、美味しくないけど食べられなくはない。
マッキーはとりあえずの宿なので明日には出て行く。

日差しが強い!コウモリが馬鹿でかい!物価が高い!
これからどんなことが待っているのだろう!?
非常に楽しみである!



18(水)
今日はフィッツロイ島へ行った。
グリーン島がメジャーだが、ツアーがコンビで安かったからだ。
AM8:15に近くのフェリー乗り場に集合し、40〜50分。
風が強い、海が荒れている。
折角なので船に乗っている間は歌っていた(笑)
島では山登りしたり、昼寝したりシュノーケリングしたりした。
ニモみたいな魚がたくさんいたが、大きく成長した魚は可愛くなかった(笑)
ってかシュノーケリングが思ったより難しかった。

明日は6時起き。
起きれるだろうか。
  1. 2012/04/26(木) 13:10:35|
  2. オーストラリア
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

すばる

Author:すばる
2012年4月16日に出発しました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
世界一周 (1)
オーストラリア (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。